クレソンRecipe

春夏秋冬のクレソンを美味しく味わうお料理をご紹介します。

1シーズンごとに簡単レシピを随時更新していきます!

 

ブランドキャラクターのみくちゃんです。よろしくお願いします。

下記のプロフィールもぜひ、ご覧になってみて下さいね。

 

 

【春】クレソンのパンケーキ・サレ

材料【2人分】

みくにクレソン・・・1/4袋

玉ねぎ(小)・・・1/4個

ベーコン(ハーフサイズ)・・・1枚

とろけるチーズ・・・ひとつかみ

粗挽きこしょう・・・少々

 

ホットケーキミックス・・・150g

卵・・・1個

牛乳(又は水)・・1カップ(200ml) 

植物油・・・適宜

 

作り方

❶クレソンは、1cm幅に刻んで、葉と茎に分ける。玉ねぎは薄切りにし、さらに半分に切る。ベーコンも薄切りに。

 

❷フライパンに少量の油を注ぎ、玉ねぎを炒める。しんなりしたら、ベーコン、クレソンの茎を炒め、塩をひとつまみ、粗挽きこしょうを振り、混ぜ合わせて火を止めて、少し冷ます。

 

❸  ボウルに卵を割り入れほぐし、牛乳を加え、よく混ぜ合わせる。ホットケーキミックスを加えて、さらによく混ぜる。ダマが残るくらいでOK。❷、クレソンの葉、チーズを加えてよく混ぜる。

 

❹フライパンに薄く油をひき、中火にかけて、ぬれぶきんで冷ます。弱火にして、❸の生地を流し入れる。焦がさないように気をつけながら、両面を焼く

※ホットプレートなら、一番弱い温度でじっくり焼く。

 

 

ポイント☝︎

パンケーキ・サレとは、塩味のパンケーキのこと。クレソンの香りも美味しいです^^

 

長いお休みが続く今、簡単に作れて、サクッと食べられる朝ごはん、おやつにも作り置きもできるので便利ですよ。

 

四当分に切ると、手に持って食べられるのでオススメ。

 

レシピ:料理家 菊地裕子 

【晩夏】クレソンとパインのスムージー

材料【2人分】

みくにクレソン・・・3~5本

カットパイン・・・100g

バナナ・・・1/2本

無調整豆乳・・・200ml

水・・・80ml

はちみつ・・・お好みで適量

 

作り方

❶クレソンは2~3センチ幅に千切る。バナナは一口大にする。

 

❷ミキサーに①、カットパイン、豆乳、水を加えてよく撹拌する。味をみて、甘さが足らなければ、はちみつを加えて味を調える。

 

❸ ②をコップに注いでいただく。

 

ポイント☝︎

クレソンがほんのり香る、爽やかな美味しさです。

クレソンをもっと感じたい方は、お好みで増やしても美味しいです。

疲労回復効果も期待できます。

 

レシピ:料理家 菊地裕子 

【夏】クレソンとひき肉のお味噌汁

材料【3〜4人分】

みくにクレソン・・・1/4パック

鶏挽肉(豚でも)・・・50g

もやし・・・1/2袋

だし・・・600ml

味噌・・・大さじ2~

ごま油・・・小さじ1

黒こしょう・・・少々

おろし生姜・・・少々

 

作り方

❶クレソンは2~3センチ幅に切る。

もやしさっと洗う。

 

❷鍋に油を注ぎ、挽肉を炒めて色が変わったら、もやしも炒める。だしを注いで、軽くしんなりするまで煮る。

 

❸一旦、火を止めて、味噌を溶き入れる。クレソンを加え、再び火にかけて、一煮立ちしたら、出来上がり。

あれば、下ろし生姜、黒こしょうをふる。

 

 レシピ:料理家 菊地裕子

【冬】クレソンと天かすのおにぎり

材料【2人分】

みくにクレソン・・・・・・・・・・ 1/4パック

温かいごはん・・・・・・・茶碗2杯分

かつおぶし・・・・・・・・大さじ1強

いりごま(白)・・・・・  大さじ1/2

天かす・・・・・・・・・・ひとつかみ

しょう油・・・適量(ひとまわしかけ×2)

 

作り方

❶クレソンは、細かく刻む。

 

❷ボウルに温かいごはん、❶、かつお節、ごま、天かすを入れ,さっくりと混ぜ合わせる。

 

❸両手をぬらし、四等分して、おむすびを握る。できあがり。焼おにぎりにしても美味しい。 

 

レシピ:料理家 菊地裕子

【春】クレソンのカプレーゼ

材料【2人分】

みくにクレソン・・・1/4~1/3パック

フルーツトマト・・・1個

モツァレラチーズ・・・1玉

オリーブオイル・・・適量

塩・・・ひとつまみ

黒こしょう・・・少々

 

作り方

❶クレソンは2~3センチ幅に切る。

トマトは縦半分に切り、さらに横に薄切りにする。

モツァレラチーズも同じ大きさに切る。

 

❷器にモツァレラチーズ、トマトと交互に並べ、クレソンをたっぷりとのせる。

オリーブオイルをまわしかけ、塩、黒こしょうをふる。

 

ポイント☝︎

コク・旨味のあるトマトと合わせると、クレソンの香りと相性ピッタリ!

 

レシピ:料理家 菊地裕子